一重のアイメイク方法がわかる 東京・埼玉のメイク教室です

大切なのはテクニックよりも色選びです

魅せる一重メイクで なりたい印象に

今までの "一重メイク" で満足ですか?

まずは、この画像をご覧ください。左と右の顔では、受ける印象が違いませんか?左はいわゆる雑誌に載っている定番メイク「切れ長を生かしてクールビューティーをめざしましょう!」のパターンです。和装の時などには似合いますが、ちょっと古い感じも否めませんね。

対して右はどうでしょうか?左より目元がはっきりし、一重さんにありがちな離れた目が、中央に寄って見えます。口元も肌馴染みがいい色にチェンジすることにより、知的でやわらかみのあるナチュラルビューティーになっています。

このように、たとえ一重であっても、メイクでなりたいイメージに近づくことができるのです。特に、就活や婚活など第一印象が決め手になる時には、メイクがとても役立ちます。「メイク映えしない」「何色を塗ってもうまくいかない」「メイクをすると怖い顔になってしまう」といった一重さんのお悩みに対応し、希望イメージの演出のお手伝いをするのが当メイク教室です。

時間をかけなくても効果絶大のアイメイクは、色がポイント!

次に、この画像をご覧ください。上と下では、目の大きさが違って見えませんか?下のほうが、目元がはっきりとしているのがおわかりになるでしょう。

これは、肌の色に合う "しめ色" を入れただけ。実に簡単なことです。たったこれだけで、確実に目全体がくっきりとし、さらには黒目が強調されるため瞳に輝きが出て、芯のある凛とした女性というイメージさえも与えます。

このように、難しいテクニックを使わない「簡単・時短」のメイクで、一重さんが望む目元を作ります。毎日のメイクにとって、「簡単で時間がかからない」ことは とても重要です。せっかくレッスンを受けても、高度な技術を要し時間のかかるメイクでは自分で再現できないし、メイクすることが面倒になってしまいますね。当メイク教室のレッスンは、メイク初心者さんからも 「すぐに自分でできる」と好評を得ています。

気になるところを 自然な感じでカバーできます

片側が一重で もう片側が二重で目の大きさが違う・・・よくあるご相談です。この画像も、肌の色に合う ”しめ色” を入れただけ。この後マスカラでまつげを上げれば、もっと左右の差は気にならなくなるでしょう。

この場合も、大切なのは「肌の色に合う」色選びということです。色さえ合っていれば、メイクの大半は完成したようなもの。(この画像の場合、赤味の強いブラウンでは腫れぼったくなってしまう)

レッスンでは、目がつっている、目が離れている、目頭が丸いなど、一重さんに多いお悩みを メイクで自然な感じでカバーしていきます。

色選びに重点を置いた「私にぴったりな一重メイク」が習得できます

ひとくちに一重といっても、目の大きさやまぶたの厚み、さらには肌の色も異なるので、似合うメイクは人それぞれです。雑誌にあまり載ることがなく、情報が少ない一重メイク。それをそのままやってみても、しっくりこないことがほとんどです。しかし、いくつかのポイントをおさえれば、もっとステキなあなたになれるのです。レッスンでは、テクニックよりも色選びに重点を置き、自分に合ったオリジナルのメイク法を身につけることができます。もう「一重だから…」とは言わせませんよ♪

お客さまの感想

今までワンポイントレッスンのようなものは一度受けた事があるのですが、講師の方からの一方通行でしたので、視覚と紙面上での確認で、家に帰ってやってみようと思っても、うろ覚えだったり、二重の方がモデルさんだったので、同じようにやってはみても仕上がりは全く違うものでした。

その経験もトラウマ(大袈裟かな)になって、自分は不器用でセンスがない人間だ!の烙印を押して、この年まで過ごしてきてしまいました。

さちよさんは、まず私が使いこなせずに、でも勿体無くて捨てられなかったメイク用品の中から、私に合うものを探して下さり、納得行くまでやり直しをして戴きました。片目は自分でやりましたが、技術のない私でも真似が出来るメイク方法で、朝のメイク時間をかけずに出来るやり方をご提案戴きました。

又、私に似合うファンデーションを電気の下、自然光と、確認を重ねてみつけて下さいましたヾ(^▽^)ノ
腫れぼったく嫌いだった一重も、勘違いする程大きくなりました(見えるようになりました)

何となくメイクが気に入らない、メイクしても変わり映えしないと思っている方は、さちよさんが救世主です!又、アイメイクや口紅など違うバージョンを知りたくなったら、お世話になりたいと思います。 楽しかったです(^o^) ありがとうございました m(_ _)m
(東京都Kさま)